サンユー都市開発は、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトとした国内初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~大阪日本橋」(大阪府大阪市)を、今夏のグランドオープンに向けて7月3日にプレオープンする。

「e-ZONe ~電脳空間~大阪日本橋」がプレオープン

 e-ZONe ~電脳空間~大阪日本橋は、当初4月の開業を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や、緊急事態宣言の発令を受けて、さらなる感染拡大防止の観点から開業を延期していた。

 プレオープンでは、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を徹底した上で、全9フロア・最大72席のPCブース、95ベッドを開業し、プレオープン特別価格として1泊1500円からで予約できる。また、宿泊者には開業記念品を用意している。

 宿泊プランは、最大18時間ゲーミングPCフロアが利用可能な宿泊+PCのセットプランや、PCを完備した個室の宿泊プラン、ドミトリーの素泊まりプランなどニーズに合わせて利用できる。

 ホテルは、1~3階がハイスペックPCフロア、4階・5階が世界中の言語をタイポグラフィアートでデジタルに空間構成する男性専用フロア、6階が「ANOTHER WORLD」JAPANESE STYLEを創造した男性専用フロア、7階は個室フロアで701号室は戦場のアーミーキャンプをそのまま再現、702号室は「デジタル空間」をカジュアルに構成し演出照明のエフェクトでイメージを変えられる空間、703号室は「デジタル空間」をストライプでモダンに表現している。8階は、時代物RPGゲームに登場するようなラグジュアリーな宿屋をジャパニーズモダンで表現した和空間の女性専用フロア。
 
内装イメージ

 このほか、7月4日・5日に一般向けの無料見学会として、ゲーミングフロアを案内する。1日3回(10時30分、13時、14時30分)の実施で、各回10人で行われる(事前予約制)。