7月1日から全国で一斉にプラスチック製買物袋が有料化される。コンビニやスーパーなどではサイズによって1枚3~10円程度が課される予定だ。こうした法令の変更を受けて、売り場ではエコバッグの需要が高まっている。「東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店」で最新のトレンドを探った。

7月1日のレジ袋有料化を見据えて、エコバッグの需要が高まっている

 渋谷スクランブルスクエア店ではエコバッグの専門コーナーを設けて、ニーズの高まりに応えている。同店の長谷川りさ子氏によると「主婦層が中心だが男性のお客さまも増えてきた」とのこと。コンビニを頻繁に利用するビジネスマンにとってもレジ袋有料化は関心度の高い話題のようだ。
 
東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店のエコバッグコーナー

 エコバッグというと、くしゃっと丸めてコンパクトに持ち歩けるトートバッグというイメージが主流だろう。売り場にもそうしたタイプのエコバッグが多数並んでいた。ただその中にもさまざまな特徴がある。

 長谷川氏のおすすめはマーナの「シュパット」というエコバッグ。エコバッグは使用していないときにきれいに折り畳むのが面倒だが、シュパットは両端を引っ張るだけで袋がまとまる。数年前から人気の商品で、大サイズやカラビナタイプなどバリエーションも豊富だ。
 
両端を引っ張ると袋が瞬時にまとまるマーナの「シュパット」
 
カラビナタイプは男性に人気が高いという

 形状で一工夫ある商品も人気だ。弁当が傾かないように底が広く設計されたエコバッグや手がふさがらないリュックタイプのものなど、細かいニーズにも応えられる商品も続々と登場している。
 
形状に一工夫ある商品も人気

 また、機能性だけでなくデザインにこだわる商品も増えている。amabroの「CONVENI BAG」はプラスチック素材の頑丈なエコバッグで、網目状になっており、中身が見えるのが特徴。アパレルショップなどで買った衣類やアクセサリをおしゃれに持ち歩きたいというニーズから好評とのことだ。
 
見た目を重視したamabroの「CONVENI BAG」

 日本トレンドリサーチが今年4月に実施した調査によると、レジ袋が有料の店ではエコバッグを使用したいという回答者が8割を超えた。自分や家族以外が手に触れないことから新型コロナウイルスの感染防止対策としても期待されている。法令改正とコロナによる二重の要因で今夏は市場が大いに盛り上がりそうだ。(BCN・大蔵大輔)