グルメパートナーズは、新型コロナウイルスの影響で売上減に頭を悩ませている飲食店が最短2日でテイクアウトやデリバリーのウェブ販売をスタートできる、販売手数料0円の新サービス「eEAT(イート)」を6月2日にサービス開始した。

新サービス「eEAT」

 eEATは、飲食店が自社のサイトで簡単にテイクアウトやデリバリーのウェブ販売・事前決済、定額課金サービス(サブスク)を始められ、電子食事券の販売や通販もできる、飲食店が欲しい機能をつめこんだオンラインショップ制作(ウェブ決済)サービス。

 最短2日で利用を開始でき、初期費用、販売手数料は無料。店の売り上げにかかる手数料は、カード決済手数料の3.6%のみのため、お店の負担を軽くして最大限に利益を確保することができる。

 すでにもっているウェブサイトにバナーやテキストリンクを貼るだけで、簡単に設置が可能。売上金は、指定の口座へ毎週1回手数料無料で振り込まれる。また、GoogleMAPの上位表示にも対応しており、FacebookやInstagramなどのSNSとも連携可能となっている。