スマートフォン決済サービス「PayPay」は6月1日にビデオ通話を利用したオンライン診療や服薬指導でのオンライン支払機能を追加した。

医療機関や薬局のビデオ通話を利用したオンライン診療や服薬指導の支払いにPayPayが対応

 オンライン診察は新型コロナウイルス感染のリスク低減に貢献する手段としてニーズを高めており、厚生労働省は電話や情報通信機器を用いた診療などの時限的・特例的な取り扱いを決めるなど、環境が急ピッチで整えられている。

 今回の新たな支払機能は、医療機関や薬局の加盟店がビデオ通話で診察や服薬指導を行ったあとに、オンライン診療専用の「PayPay」のQRコードを提示して決済する。決済システムの導入に開発や初期費用がかからず、2021年9月30日まで決済システム利用料は無料となる(年商10億円以上の法人の場合は有料)。