• ホーム
  • トレンド
  • 今年の「CEATEC」はオンラインで開催、10月20日から、幕張メッセは中止

今年の「CEATEC」はオンラインで開催、10月20日から、幕張メッセは中止

時事ネタ

2020/05/26 15:00

 電子情報技術産業協会、情報通信ネットワーク産業協会、コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC実施協議会は5月25日、今年10月20日から23日に開催予定の「CEATEC 2020」について、幕張メッセでの通常開催を中止し、従来の開催形式とは異なる新たな取り組みとして、オンラインでの開催を決定したと発表した。詳細については、6月以降に順次発表する予定。

「CEATEC 2020」のオンライン開催を知らせるCEATECのWebサイト

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に広がっており、日本国内でも予断を許さない日々が続いている。こうした状況を考慮し、来場者、出展者、CEATECに関わるすべての人々の安全を最優先に考慮した結果、今年のCEATEC 2020は通常開催を見送ることを決定した。

 通常開催に代えて、ここ数年CEATECが掲げてきた「Society 5.0(超スマート社会)」を担う人たちのためのCEATECをオンラインで開催する。オンラインでの開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」は、これまで幕張メッセで20年間、毎年開催してきた総合展示会としてのCEATECとは別の新たな取り組みと位置付け、新たな社会や暮らし(New Normal:ニューノーマル)を考え、ともに歩み、共創を実現するための企画をオンラインならではの特徴を生かして展開する予定。

オススメの記事