楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYは、運用代行している宿泊・民泊施設ブランド「Rakuten STAY」の18施設を対象に、30泊分の宿泊権を19万8000円で購入・利用できるサービスの提供を試験的に5月22日に開始した。5月22日から6月20日までの期間中、特設予約サイトで先着10人の購入申込を受け付けている。

楽天STAYのWebページ

 在宅勤務やリモート会議の導入が広がる中で、自宅やオフィス以外の場所をテレワークの拠点として中長期で利用したいという需要が増えている。今回の定額利用サービスで利用できるRakuten STAY対象施設は、全室に無料Wi-Fiを完備しており、調理器具や冷蔵庫、電子レンジなどを備えたキッチン、洗濯乾燥機などの生活必需品も揃う、仕事と生活の両立ができる宿泊施設となっている。

 また、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入しており、タブレット端末を活用したチェックイン・チェックアウトや、電気錠システムによる部屋の入退室にも対応しているため、人との接触を最小限に抑えることもできる。

 定額利用サービスを購入したユーザーは、専用予約フォームから希望の宿泊施設や日時などを入力・予約すると、5月22日から7月23日チェックアウトまでの利用が可能となる。なお、予約は最低2泊からとなり、複数の対象施設で何度かに分けての利用や、申込者本人を含めば家族など複数人での利用も可能となっている。