トラベルズー・ジャパンは、旅行好きを中心とした国内のトラベルズーメンバーを対象に実施した、緊急事態宣言解除後の旅行意向に関する調査の結果を5月18日に発表した。5月12日~17日の期間に行われ、4306人から有効回答を得ている。

6割超の人が緊急事態宣言が解除されれば3か月以内に国内旅行を再開したいと回答

 調査対象者に、緊急事態宣言が解除された後の、宿泊を伴う国内旅行の再開時期について、最も当てはまるものを選んでもらったところ、「すぐにでも」(23.6%)と「1~3カ月後」(41.6%)を合わせた3カ月以内に旅行の再開意向を持つ回答者は65.2%に達した。6カ月以内に範囲を広げると、88.5%が国内旅行の再開意向を示している。
 
4割超が6か月以内の海外旅行再開意向を示すも、3割は慎重な意見

 海外旅行の再開時期を尋ねた質問では、「すぐにでも」(8.7%)、「1~3か月後」(15.3%)を合わせた6カ月以内の再開意向が47.0%に達する一方、「1年以上先」も32.9%だった。
 
半数近くが公共交通機関での移動を控えた旅行を考えるも、
航空機による国内旅行を考えている人も少なからず存在

 緊急事態宣言解除後に、最初に行きたい旅行は「自宅から片道2時間圏内でマイカーを利用する個人旅行」(29.9%)、「自宅から片道2時間半以上でマイカーを利用する個人旅行」(17.0%)を合わせた、移動手段にマイカーを用いるとする回答が46.9%を占めている。一方、「国内で航空機を利用する個人旅行」(20.3%)、「海外で航空機を利用する個人旅行」(14.0%)も上位にランクインした。
 
1年以内に訪れたい旅先は「近場の温泉」

 緊急事態宣言解除後に、国内で1年以内に訪れたい旅行先を尋ねたところ、「近場の温泉(片道2時間程度)」(44.5%)が最も多く、「遠方の観光地(片道2時間半以上)」(34.7%)が続く。
 
海外は定番の旅行先が人気だが「しばらく海外旅行をするつもりはない」との声も

 海外で1年以内に訪れたい旅行先を尋ねた質問では、「ハワイ」(24.4%)、「台湾」(22.6%)、「東南アジアシティ」(15.8%)、「東南アジアリゾート」(15.2%)が上位になったほか、「ヨーロッパ」(15.6%)も根強い人気がある。なお、20.3%の人は「しばらく海外旅行をするつもりはない」と回答している。
 
今後試してみたい旅のスタイルは「コテージやヴィラ、離れなど独立した客室への滞在」や「ステイケーション」

 新たに試してみたい旅のスタイルについては、「コテージやヴィラ、離れなど独立した客室への滞在」という回答が38.9%に達し、ホテルの通常客室と導線も異なるプライベートな空間や、他の宿泊客との距離を確保したい意向がみられる。

 2位は「ステイケーション(ホテルに長期滞在)」(29.0%)で、「ガイドブックなどで定番の混雑した観光地をあえて外した旅」(22.5%)や「ひとり旅」(21.7%)も人気が高い。
 
新型コロナ以後の旅行では衛生対策や「3密」の回避への意識が高まる

 新型コロナウイルスの影響による旅に対する価値観の変化を尋ねた質問では、「マスクやアルコール消毒などの衛生対策を旅行中でも意識するだろう」(75.2%)、「混雑した観光地や、混雑する時間の観光を避けるようになるだろう」(59.2%)、「航空機や列車、バスなどの交通機関では、他の利用客との間隔を意識するようになるだろう」(55.5%)と、衛生対策や「3密」の回避を意識する意見が上位を占めた。