森創は、クラウドファンディング「Makuake」で、マスク除菌に特化したポータブル除菌装置「マスク除菌装置」を5月19日に先行販売を開始した。Makuakeでのプロジェクト期間は7月20日まで。目標金額は400万円。リターン内容は、「マスク除菌装置×1」が8000円、「マスク除菌装置×3」が2万3500円。

マスク除菌装置

 昨今マスクを洗い、何度も使用するのが当たり前になりつつある。しかし、何度も洗浄することは生地を痛め、機能を低下させてしまうことにもつながる。今回発売したマスク除菌装置は、除菌力の高い紫外線UV-C照射によって雑菌を強力除菌することで、繰り返しマスクを使用することができる。

 UV-C LED12個による近接距離で両面からUV-Cを照射。約4分で一度に両面を除菌できる。難しい操作は必要なく、マスクをかけてボタンを押すだけで、誰でも簡単に使える。また、鞄やリュックにも入れて運ぶことができるポータブルサイズを実現。ACアダプターだけでなく、モバイルバッテリーにつなぐことで、場所を気にせず使用できる。