新型コロナウイルスの影響によって、注目を浴びているリモートワーク。段階的に導入している企業を多く見かけるようになった。ただ、実施できない職種もあるようで「いっそのことリモートワークできる職種に転職したい」と考えている人も多いはずだ。そこで、リモートワークが可能な職種について簡潔に解説する。

リモートワークするにはセキュリティが要

 オフィスに出社せずに勤務するリモートワークは、PCやタブレット端末をオフィス外でネットワークに接続するため、セキュリティ対策を施さなければ重要なデータを盗まれてしまったり、漏えいしてしまったりする可能性を秘めている。自身のデバイスを行うに使用するケースもあるため、企業側がしっかりと管理しなければリモートワークは成立しないといっていいだろう。

 ただ、通勤時間が丸々削減して効率的に業務に取り組むことができるなど、メリットもあることから、昨今の外出自粛も相まってリモートワークを採用する企業が増えているといえよう。

リモートワークしやすいのはウェブ系の職種

 「ウェブ系の職種」と聞いて、おそらく「エンジニア」「プログラマー」などを想像するかもしれないが、豊富な経験を必要とするため、未経験でリモートワークとなると逆に非効率になる可能性もある。
 

 取引先などからプログラミング言語に関する専門知識を求められたりもするので、もし今からエンジニアやプログラマーとしてリモートワークで業務したと思うならば、道のりが険しいと考えた方がいい。さらに、現在は新型コロナウイルスの影響によって中途採用の縮小が予想されるので、あまりおすすめしない。

 また、「ウェブ系」ということで「ウェブデザイナー」を想像するかもしれない。この職種も、プログラミング(コーディング)の知識を求められるので、未経験では難しい。ただ、エンジニアやプログラマーと比較すると、独学でも知識を習得しやすい側面もある。新型コロナウイルスの影響による外出自粛で多少の時間が余っているならば、ウェブデザイナーになる道をチャレンジしてみてもいいだろう。

 未経験でリモートワークしやすい職種ならば、「ウェブライター」が最もおすすめだ。エンジニアやプログラマー、ウェブデザイナーと比べて学習時間が圧倒的に少なく済むからだ。

 具体的な業務内容として、ウェブライティングの代行、ウェブメディアでの記事執筆などが挙げられる。基本的なフォーマットさえ理解すれば、未経験でもチャンスが多い。副業などでウェブライターにチャレンジしてみて、コツをつかむのもいいかもしれない。
 

 ただ、ウェブライターも「実績」がしっかりと伴わなければリモートワークは難しいといえよう。目標をきちんと立てて、しっかりと自己管理すれば、リモートワークに“グッ”と近づけるはずだ。(フリーライター・平本 良太)