• ホーム
  • 業界動向
  • 【今週のキャッシュレスニュースまとめ】PayPayがUber Eatsに対応開始! テイクアウト&デリバリーもスマホ決済でお得&簡単に

【今週のキャッシュレスニュースまとめ】PayPayがUber Eatsに対応開始! テイクアウト&デリバリーもスマホ決済でお得&簡単に

 連休中に5月31日まで緊急事態宣言が延長されることが発表され、消費の仕方も通常と異なるものになってきている。伸びているのが、飲食のテイクアウトやデリバリーだ。スマートフォン(スマホ)決済各社もこれらの手段への対応を急いでいる。

PayPayUber Eatsに対応 キャンペーンは電子書籍と競輪

 PayPayは「Uber Eats」に対応したことで、デリバリーでより使いやすくなった。都道府県ごとに開始時期は異なり、東京都と千葉県と埼玉県でまだ利用できないが(15日に対応予定)、外出自粛期間中に便利に使えそうだ。
 

 キャンペーンは、電子書籍と競輪がお得。ソフトバンクワイモバイル・Yahoo!プレミアム会員限定で「ebookjapan ゴールデンウィークは毎日最大20%戻ってくる!」キャンペーンを開催しており、最大50%相当が還元される。

 還元率は日によって変動し、本キャンペーンで20%、金曜日限定の特典などを組み合わせれば50%まで上げることができる。5月10日までなので、在宅中に読書したいという人は早めにチェックしてほしい。
 

 競輪が趣味の人なら、競輪投票サイトとコラボレーションした「WinTicketをPayPayでおトクに楽しもう!キャンペーン」がおすすめだ。PayPay残高でWinTicketのポイントチャージを行うと、10%相当を還元する。還元上限は3000円/回・期間。こちらも5月10日までなので、この週末がチャンスだ。
 

d払いはお取り寄せがお得

 d払いは、食品通販サイトを対象にした20%還元キャンペーンも実施している。対象のサイトでd払いで支払うと、通常還元率の1%に加え、会計金額の20%相当のdポイントが還元される。第1弾は7日に終了したが、8日から第2弾を開始。期間は31日まで。

 対象の通販サイトは、ROYCE、格之進オンラインストア、平田牧場オンラインショップ、柿安オンラインショップ、大阪王将公式通販、ウルトラミックス本店。第1弾の店舗に、生チョコレートが有名なROYCEが追加された。還元だけでなく、サイトごとに異なる特典がついてくるのもうれしい。
 

 デリバリーや配達に絞ったものではないが、全国の対象コンビニエンスストアでd払いを利用すると、通常の還元ポイントに加え、最大10%相当をポイントを還元する「d払いでコンビニ最大+10%還元キャンペーン」も開催中だ。4月27日以降に初めて利用する場合、税込支払額の10%、利用経験がある場合は5%をキャンペーンポイントとして還元する。
 

 還元上限は、決済1回当たり300ポイント、期間中合計1000ポイントで、dポイント(期間・用途限定)。対象店舗は、セブン-イレブン、ファミリーマートローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、東海キヨスク、セイコーマート、ハマナスクラブ、ハセガワストア、タイエーの全店舗。

 スマホ決済は、人と人との接触が最小限で新型コロナウイルスの感染予防としても有効だ。ただ、個人店舗などでは営業自粛による収入減から現金による支払いの方が好まれるケースもある。実際、スマホ決済の利用を一時停止している場合もあるようだ。非常時ということもあるので、店舗側の意向も汲みながらサービスを利用するようにしたい。(BCN・大蔵大輔)

オススメの記事