楽天は、レストランやカフェなどの飲食店で、商品を事前に注文・決済することが可能になるテイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」の提供を5月7日に開始した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、10月31日まで、初期費用と月額利用料などの利用料(クレジットカード決済手数料などを除く)を無料とする。


 サービス利用者は、スマートフォン(スマホ)やPCサイト上から、近隣の飲食店のテイクアウト可能な商品を選び、楽天IDを利用して事前の注文と決済を完了することで、実店舗で商品を待ち時間なくリアルタイムに受け取ることが可能になる。

 また、購入金額に応じて「楽天ポイント」をためることができ、支払い時には貯まったポイントを利用することもできる。サービス開始時は、先行導入店舗として東京都の渋谷駅と五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗から利用可能で、全国の飲食店に順次拡大していく。

 事業者は、テイクアウトサービスを簡単に導入することができる。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、飲食店ではテイクアウトサービス導入への必要性が高まっている。

 そこで、楽天は10月31日までサービスの利用料(クレジットカード決済手数料などを除く)を無料で提供するほか、事業者の要望に応じて、5月中旬から、商品登録や受注管理用のスマホの端末を無償で貸与する予定。また、飲食事業者の経営状況などを考え、同サービスを通じて事業者が得る収益は、10月31日までは最短で翌週に入金する。

 なお、楽天リアルタイムテイクアウトのサービス提供開始を記念し、「スマホで注文 待たずにテイクアウト 楽天ポイント10倍」キャンペーンを5月7日に開始した。キャンペーン開催中に、同サービスを利用して、対象飲食店の商品をテイクアウトで購入したユーザーを対象に、購入金額に応じて、「楽天ポイント」を通常時の10倍付与する。キャンペーンのポイント費用は、全て楽天が負担する。