日比谷花壇は、「日比谷花壇のお葬式」で、葬儀のインターネット中継サービスの提供を5月1日に開始する。新型コロナウイルス感染拡大抑止のため、葬儀への会葬の自粛を要請している当面の間、無料で提供する。

日比谷花壇が提供する葬儀の日比谷花壇インターネット中継概要

 緊急事態宣言が発令されている中、一般葬の自粛、お別れの会の中止、家族葬であってもごく限られた人数に限定するなど、大切な人との別れを我慢せざるを得ない状況にある。同社では、葬儀を執り行う顧客の想いを大切にしたさまざまなスタイルの葬儀をプロデュースしてきたが、会葬したくても会葬を控えなくてはいけない中、こうした顧客の想いを真摯に受けとめ、インターネットで葬儀の様子を中継し、ライブ配信するサービスを提供する。

 最後の別れをしっかり安全に行うことを基軸とするとともに、「最後に会えなかった」と悲しみにくれる人を減らし、インターネット上であっても故人との最後の時を過ごすことによって、少しでも悲しみが癒え、笑顔が生まれることを目指す。

 インターネット中継サービスは、パソコン、ビデオカメラ、マイクなどをセレモニー会場に設置し、スタッフが葬儀の様子を撮影し、動画でライブ配信する。喪主から、会葬を自粛することになった親族などに、中継を視聴できる限定公開のURLを直接伝えてもらう。インターネットが利用できる環境であれば、国内国外を問わずパソコンやスマートフォンから視聴ができる。日比谷花壇のお葬式を利用する顧客へのオプションサービスとして提供していく。