マーケットエンタープライズは、同社が運営するウェブメディア「iPhone格安SIM通信」で提供している、フリーマーケットアプリやインターネットオークションなど主要4市場を総括した中古スマートフォン(スマホ)相場比較サービスから抽出した、中古スマホ取引データの分析結果を4月23日に発表した。

iPhone中古市場はiPhone 8とiPhone 7が上位独占

 分析は、「ヤフオク!」「ムスビー」「メルカリ」「ラクマ」で1月1日~3月31日の期間に行われた、中古スマホの取引数・価格を元に実施している。

 iPhone中古市場は、「iPhone 8」と「iPhone 7」が上位を占めた。特に、「iPhone 8」の取引数は前四半期と比較して約31%増加。これは、キャリアの割引キャンペーンの実施によって価格が下がったことに起因するとみられる。

 なお、2018年発売の「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」シリーズは、最新機種への機種変更の需要が生じなかったため、ランクインしなかった。
 
Android中古市場はキャリアが実施した割引の影響でGalaxy A20がトップに

 Android中古市場は、「Galaxy A20」が1位となっている。同機種は、2019年11月発売の比較的新しい機種ながら、3月にキャリアで実施された割引の対象端末だったため、4位にランクインした「AQUOS sense3」とともに端末価格が低下し取引数が大きく増加したと考えられる。

 今後、目立ったキャンペーンが実施されることがないため、マーケットエンタープライズはこれらの動きが落ち着きをみせると予想している。