• ホーム
  • トレンド
  • アイリスオーヤマ「AIカメラ」事業に参入、防犯や顧客同線分析用で

アイリスオーヤマ「AIカメラ」事業に参入、防犯や顧客同線分析用で

販売戦略

2020/04/14 19:00

 アイリスオーヤマは、ネットワークカメラAIアルゴリズムを搭載したモデルを含む全38機種の「AIカメラ」シリーズを4月20日に発売し、AIカメラ事業(セキュリティカメラを含む)に新たに参入する。

AIアルゴリズムを搭載した「AIカメラ

 発売するAIカメラシリーズは、AIアルゴリズム搭載モデル20機種と、セキュリティカメラのスタンダードモデル10機種、全モデルに共通して使用できるビデオレコーダー8機種の合計38機種。

 AIアルゴリズム搭載モデルは、従来の防犯対策だけでなく、マスクの着用認証や工事作業所などでのヘルメット着用を認識する顧客属性の分析ができ、マスク着用時でも顔認証できる機能を搭載している。

 また、レジの混雑状況や顧客の滞在場所や時間がサーモグラフで可視化できる「顧客動線ヒートマップ」、車両番号や車体を認識する「車両認識・管理」、不審な動きや過去の犯罪者をブラックリスト化し注意喚起する「不審行動・不審者アラート」などの機能を搭載している。

 カメラ本体にAIアルゴリズムを内蔵したことで、必要な分析結果のみをアプリケーションに送信できるため、データ量は従来の100分の1以下で回線への負担を軽減できる。顔認識スピードは、0.2秒と素早い解析が可能。全てのモデルで4K UltraHDクオリティレンズを搭載し、高解像度・高視野角で撮影できる。暗視、逆光に対応し、明かりの少ない夜間や逆光でも被写体を認識できる。

 さらに、同社BtoB事業が提供する無線制御照明システム「LiCONEX」や電子棚札、スライド棚などのさまざまな商材との組み合わせによって、小売店舗や各種施設へのトータル・ソリューションを提案していく。

オススメの記事