【話題のニュースダイジェスト】 2020年3月27日から4月2日までの期間、「BCN+R」で話題だったのは、4月1日からのたばこ屋内喫煙に関する記事だった。プルーム・テック使用者のたばこ関連疾患指標値が「非喫煙者」の値に近いという記事も多く読まれた。さらに、「GENKI Dock」「マスク在庫速報」「現金給付」についても注目を集めた。ニュースを振り返る。

「改正健康増進法」の要点は?

 喫煙者にとって、一大事ともいえる法令が4月1日に施行された。18年に成立した「改正健康増進法」だ。受動喫煙の防止を目的としており、これまで喫煙が許可されていた屋内施設が原則禁煙になった。
 

 喫煙者にとってポジティブなトピックは、受動喫煙防止対策助成金の制度が拡大することだ。それに伴い、公衆喫煙所などがより整備されていくものになると思われる。ルールをしっかり理解し、喫煙できる/できない場所を把握することが新環境に適応するための最初の一歩になる。

「プルーム・テック」を対象に実施した生体影響調査

 日本たばこ産業(JT)は、3月26日に低温加熱式タバコ「プルーム・テック」を対象に実施した生体影響調査について会見し、紙巻タバコと比較してWHOが公表している九つの健康懸念物質が平均して約99%低減していることを発表した。
 

 具体的には、プルーム・テック使用者の検出量が紙巻タバコ喫煙者と比較して、白血球数・sICAM-1・sICAM-1・11-DHTXB2・2,3-d-TXB2が減少、HDLコレステロール・%FEV1が増加。これは非喫煙者グループに近い値だった。

新型コロナ対策に強い味方

 アスツールは、複数のECサイトから在庫があるマスクを集めたウェブサイトで、新型コロナウイルス感染症の影響で品薄状態のアルコール消毒液(スプレー&ジェル)の在庫も確認できるようにした。100ml当たりの価格を安い順に並べている。あわせて、同サイトの名称を「マスク在庫速報」から「在庫速報.com」に変更した。
 

 アルコール消毒液は、マスクと同様に入手困難な状況が続いているが、高額転売の規制対象にはなっていない。少しでも安く購入するなら価格を比較するのがオススメだ。なお、在庫速報.comに表示されている価格には送料が含まれていない。

Switchドックの悩み解消!

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、家にこもり気味の人が増えていると思う。そんな時の気晴らしにピッタリなのがゲームだ。とりわけ、Nintendo Switchは大人気。記者も家族と楽しんでいる。ただ、テレビに映像を出力する“ドック”の置き場所に悩んでいる人もいるかもしれない。自分に近い場所に置くと目立つが、遠くにあると何かと不便……。
 

 こうした悩みを解決してくれるのがクラウドファンディングで話題の「GENKI Dock」だ。「Switchドックが1/10に!」という触れ込みで話題。ポケットサイズながら、ACアダプターとNintendo Switchドックの機能を兼ね備えている。クラウドファンディングサイト「Makuake」で目標金額を大きく上回る応援購入総額を達成。3月26日12時の時点で目標の約90倍にまで伸びた。

「新型コロナウイルスへの経済対策」の調査

 SELFは、スマートフォン向け人工知能アプリ「SELF」で、「新型コロナウイルスへの経済対策」についてアンケート調査を行い、3月30日に調査結果を発表した。
 

 新型コロナへの経済対策で、国に実施してほしい対策を聞くと、「現金の給付」が半数近くという結果になった。給付や減税以外の対策を望む声も多かった。「お肉/お魚券」については約1%という結果が示された。年代別では、全年代を通して「現金」を希望していた。10代から20代を境に顕著な差が見られることから、学生ではなく社会人から現金給付が望まれていると推察される。