楽天モバイルは、全国の国公私立の小学校、中学校、高校などを対象に、文部科学省が提唱する「GIGAスクール構想」に対応した「GIGAスクール構想支援プラン」を3月30日に発表した。

プランの提供に関する協定を結び握手を交わす千葉市の熊谷俊人市長(左)と
楽天モバイルの山田善久 代表取締役社長

 GIGAスクール構想支援プランは、「GIGAスクール構想」の趣旨に賛同し、楽天モバイルの基地局を学校の敷地内に設置した場合に、学校までの光回線を原則として無償で提供し、校内通信ネットワークのために活用してもらうもの。3月30日に申込受付を開始した。

 第一弾として、千葉県千葉市と同プランの提供に関する協定書を交わし、千葉市内の各学校での通信ネットワークの環境整備や、将来的に5Gを生かした先進的な教育環境の実現に向けて支援することを決定した。さらに、静岡県浜松市をはじめ、各地方公共団体や学校法人との協議を進め、同プランの提供を順次拡大していく。