エレコムは、奏でるオブジェ「テトラポッドスピーカー」のクラウドファンディングをクラウドファンディングサイト「Makuake」で4月1日に開始した。税込みの一般販売価格は9900円を予定している。

「テトラポッドスピーカー」のクラウドファンディングページ

 テトラポッドスピーカーは、テトラポッドをモチーフにした、360°にサウンドが広がり、部屋全体で臨場感のある音を体験できるBluetooth 4.2対応スピーカー。

 高剛性グラスファイバーを使用したフルレンジスピーカーを採用し、直径45mmと小型ながら歪みの少ないダイナミックなサウンドを再現する。あわせて、ツイーターも備えており、高域で伸びのあるリアルなサウンドと余韻をもたせた。また、パッシブラジエーターの搭載によって、深いトーンの再現を可能にしている。

 本体にレーザープリント塗装を施すことで、表面に独特の凹凸を生み出しており、無数のランダムな形状の凹凸が、石のようにさらさらとした質感を持たせ、光の反射により色味を変化させる。さらに、持ちやすさや拭き取りやすさもあわせ持つ。

 バッテリ駆動時間は約2時間で、企画から開発までの秘話や「テトラポッド」の登録商標を持つ不動テトラへのインタビューを収録した限定ブックレットが付属している。

 対応BluetoothプロファイルがA2DP、対応オーディオコーデックがSBC。サイズが幅160×高さ140×奥行き160mmで、重さが約320g。