新型コロナウイルス感染症の影響でマスクの品薄状態が続いている。ただ、マスク工場はフル稼働を続けており、供給自体は続いているはずだ。街中でも、マスクをつけている人は多く見かける。手作りや再利用など、さまざまなケースが考えられるが、新品は一体どこで購入しているのか。

リサーチ・アンド・イノベーションがマスクの購入動向を公開した

 リサーチ・アンド・イノベーションは3月23日、同社が運営する、レシートがお金にかわる家計簿アプリ「CODE(コード)」で登録された大量のレシートと商品のバーコード情報を基に、3月16日~22日の期間にマスクを購入できた場所を分析し公表した。

 流通チャネル別でみると、圧倒的に多いのは「薬局・ドラッグストア」。次いで、「コンビニエンスストア」「スーパー」がほぼ横並びで、「ディスカウントストア」が続く。
 
流通チャネル別の購入数グラフ

 チェーン店別では、「ツルハドラッグ」での購入率がトップ。2位は「セブン‐イレブン」、僅差で「ファミリーマート」が3位についた。
 
チェーン店別の購入数グラフ

 直近100日間のマスクの購入数の日別推移グラフをみると、1月18日あたりから大きく動きはじめ、1月30日にピークを迎えている。マスクが大量に販売された時期(1月23日~1月30日)にマスクを購入したユーザーの属性も可視化されており、年代別でみると30代が最も大きな割合を占めていた。次いで多いのは40代、20代と50代は横並びだ。性別では女性が約9割を占めた。
 
直近100日間のマスクの購入数の日別推移
 
1月23日~30日のマスク購入者属性

 現在、マスクは品薄状態で購入数は落ち着いている。高額転売が禁止になった影響はまだ明らかになっていないが、必要以上の買いだめを防ぐことができれば、必要な人がマスクを入手しやすい状況に近づくだろう。(BCN・南雲 亮平)