• ホーム
  • 業界動向
  • ジャストシステム、人工知能(AI)&ロボット月次定点調査の19年総集編

ジャストシステム、人工知能(AI)&ロボット月次定点調査の19年総集編

データ

2020/03/20 15:00

 ジャストシステム(関灘恭太郎社長)が運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」は、全国の17歳から69歳の男女1100人を対象に「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査」を、17年6月から毎月1回実施している。今回、そのときどきのトレンドに焦点を当てて調査を行っている設問について、19年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直し、その内容を「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査-2019年総集編【トレンドトピック版】」として3月18日に発表した。


 19年8月度調査で、IoT家電を「購入したことがある」人は8.8%、「購入したことはないが、購入を検討している」人は9.2%、「購入を検討していないが、興味がある」人は27.7%だった。あわせて45.7%の人がIoT家電に興味があることがわかった。IoT家電に興味があるとした人に対して、最も興味をもっているIoT家電を聞いたところ、「エアコン」と答えた人が最も多く(64.8%)、次いで「スマートロック(鍵)」(48.9%)、「AIスピーカー」(45.7%)となった。

 19年10月度調査で、ホビー用ドローンを認知している人のうち、22年からの実施に向けて登録制度の創設などルール作りが進められている「商用ドローンの活用」については72.0%が「知っている」と回答した。また、商用ドローン活用を「知っている」人のうち、53.8%が「商用ドローンの活用について不安がある」と答えた。その理由として最も多くの人が挙げたのは「ドローンの墜落による事故やトラブル」(74.5%)、次いで「ドローンを悪用した犯罪やテロ」(64.6%)、「ドローンが原因で事故が起こった際の保険や補償」(57.6%)だった。

 19年9月度調査で、医療現場でのロボット活用に「期待している」人に、ロボット活用により早期の実現を希望することを聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「受付・会計時の待ち時間短縮」(49.2%)、「医療費負担の減少」(44.2%)、「検査精度の向上」(42.8%)となった。

 19年4月度調査で、AIの発達によって「減る仕事の方が多いと思う」人は42.8%、「減る仕事と増える仕事は同じくらいだと思う」人は32.1%、「増える仕事の方が多いと思う」人は5.5%であった。

 19年9月度調査で、「AIスピーカー」を購入したことがある人は11.8%だった。購入経験者にそのブランドを聞いたところ、「Amazon Echo」が最も多く(56.2%)、次いで、「Google Home」(52.3%)、「Clova Wave」(26.9%)だった。「Amazon Echo 」「Google Home」「Clova Wave」のそれぞれについて所有している人の割合を男女別に見てみると、いずれも女性の方が男性より比率が高いことがわかった。

 また、「AIスピーカー」を所有している人のうち、「ほぼ毎日」利用している人51.8%、「週に2-3回程度」の人は20.2%、「週に1回程度」の人は13.2%だった。「ほぼ毎日」と答えた人の割合を男女別に見てみると、女性は66.7%に対し、男性は43.1%であった。AIスピーカーを持つ女性の7割近くが日常生活の中に取り入れているようだ。また、最も利用頻度が高い時間帯を挙げてもらったところ、「21時-22時台」が最も多く(17.5%)、次いで「19時-20時台」(16.5%)、「11時-12時台」(12.6%)となった。

 スマートフォンに搭載されたAIアシスタントや、AIスピーカーなどから個人情報が収集され、「クラウド」などに蓄積されていくことについて懸念する報道もあるが、AI関連サービスへの「個人情報の提供」に対して「不安を感じる」人は、17年9月度調査では60.5%、18年8月度調査では66.0%、19年8月度調査では70.2%だった。19年8月度調査では7割を超え、「不安に感じる」人は年々増加傾向にあることがわかった。

 19年6月度調査で、スマートフォンを所有している人のうち、心拍や歩数などの記録や確認が可能な「ライフログアプリ」を利用している人は、15.1%だった。男女別に見ると、男性が18.2%、女性が11.9%と、男性の方が利用率が高いことがわかった。「ライフログアプリ」で記録している項目として、最も多くの人から挙がったのは「歩数」(78.4%)、次いで「歩行距離」(65.5%)、「消費カロリー」(48.2%)だった。

 19年9月度調査で、スマートフォンで顔や指紋などを使った生体認証機能(バイオメトリクス認証)を「利用している」人は48.5%であった。年代別に見てみると、10代(64.0%)、20代(54.0%)、30代(44.5%)、40代(48.0%)、50代(48.5%)、60代(40.0%)でした。最も利用率が高かったのは10代で、6割を超えた。

 19年2月度調査で、AIやロボットが当たり前に身の回りに存在するAI時代を備えて、学校や家庭で育むべきと思う能力を3つまで挙げてもらったところ、最も多くの人から挙がったのは「発想力や想像力」(43.8%)、次いで、「論理的思考や判断力」(31.9%)、「主体性や能動性」(24.5%)となった。

オススメの記事