• ホーム
  • トレンド
  • 新型コロナで開幕延期のプロ野球、練習試合をスカパーやDAZNが配信

新型コロナで開幕延期のプロ野球、練習試合をスカパーやDAZNが配信

販売戦略

2020/03/19 20:00

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月20日に予定していたプロ野球の開幕は4月10日以降に延期された。その代わりに、開幕戦とほとんど同じスケジュールでセ・パ両リーグは練習試合を行う。無観客ではあるが、スカパーとDAZNが中継を配信する。オープン戦の配信に続いて、開幕まで気分を盛り上げることができそうだ。

プロ野球の開幕までDAZNは練習試合を中継する

 スカパーは12球団すべての公式試合を視聴できる点が強みだ。プロ野球セットの基本料を含めた月額は税込4483円。申し込み月は加入料、基本料、視聴料はかからない。視聴料は毎月4054円だが、3月31日までは「プロ野球セット/プレミアム」を契約すると翌月の料金が税込2409円になるキャンペーンを実施している。総合エンターテインメントも含まれるので、バラエティ番組やドラマ、アニメなども視聴可能だ。

 DAZNは、スポーツ専門のストリーミングサービス。プロ野球の視聴における強みはスカパーの半額以下の月額料金だ。税込1925円/月で視聴することができる。DAZN for docomo(ドコモユーザー)なら月額980円になる。いずれも手続きから1カ月間は無料。「虎視探々」「サンデードラゴンズ」など、野球関連の番組や野球関連のアニメなども配信している。ただ、広島東洋カープの主催試合は放映権を持っていないことから、視聴することができない。料金プランはシンプルなので、迷うことなく申し込むことができるはずだ。

 どちらもスマホで利用可能。視聴できるコンテンツの多いスカパーか、料金が安く見逃し配信など便利な機能を備えたDAZNか。選択肢があるので、ニーズにあわせて選ぶことができそうだ。


(c)読売巨人軍 (c)ヤクルト球団/フジテレビ ONE (c)YDB (c)中日ドラゴンズ (c)阪神タイガース (c)H.N.F. (c)Rakuten Eagles (c)SEIBU Lions (c)CHIBA LOTTE MARINES (c)ORIX Buffaloes (c)SoftBank HAWKS

オススメの記事