ARスポーツ「HADO Xball(ハドーエックスボール)」を提供するmeleapは、2021年のプロリーグ化に向けたARスポーツのプレリーグ「Japan Xball League 2020」を2月29日から毎週土曜日19時に開催、YouTubeで配信すると発表した。

 
 HADO Xballは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツ。2対2のチームに分かれ、サッカーやバスケットボールのように、フィールドに1人いるシュート役がコートの後方にある相手ゴールを狙う。21年に賞金総額1億円のプロリーグを開幕。日本だけでなく、米国、中国、インド、フィリピンなど世界5か国での創設を目指している。

 今年は、プロリーグ開催に向け、愛知レグルス/神奈川シリウス/アルゴル千葉/ベガ埼玉の4チームによるプレリーグ「Japan Xball League 2020」を2月29日にスタート。毎週土曜日に各チームが1戦ごと戦う。3週分を1ラウンドとし、1ラウンドごとで順位を決定する。各ラウンド優勝のチームに賞金20万円、最も応援を獲得したチームにオーディエンス賞として20万円が贈られる。

 なお、試合はYouTubeチャンネル「テクノスポーツTV - HADO Xball」で配信する。