【BCN速報値】KDDI(au)のスマートフォン(スマホ)決済サービス「au PAY」が2月10日から実施した「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」は、11日の23時59分59秒で終了。わずか2日で当週分の還元総額10億円に到達した。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」の2月10、11日を合算したカテゴリー別販売台数によると、タブレット端末は前年同期比229.9%の大幅な伸びを記録したことが明らかになった。


 タブレット端末以外でもノートPCは141.2%、デスクトップPCは108.2%、ヘッドセットは138.4%、液晶テレビは116.0%、有機ELテレビは153.6%と、いずれも大きな販売につながった。デジカメは87.6%だった。
 
わずか2日で当週分の還元総額10億円が底をついた

 今年の2月10日(月)は平日、11日(火)は祝日だったのに対し、比較対象となる19年は2月11日(月)が祝日、12日(火)が平日で、2日間を合算すれば平日と祝日の差は吸収される。

 また、参考までに2月3日週(2月3日~9日)を示したのが青色のグラフになる。キャンペーン直前の1週分の販売台数より、au PAYのキャンペーンが実施された2日分のほうが多かった。キャンペーンによる影響力がいかに大きかったかを裏付ける数字だ。

 同キャンペーンは3月23日までの期間を三つのステージに分けて実施され、au PAYで支払うと最大20%のポイントが還元される。ステージ1は2月10日~3月1日までの3週間で、毎週10億円の還元総額が用意される。最初の週が2日で還元総額10億円に達したため、次回は2月17日からの仕切り直しとなる。
 
2月17日から再開されるau PAYのキャンペーン。家電量販店の売れ行きにも影響を与える

 auと通信契約を結んでいないユーザーでもau PAYアプリを使っていればキャンペーンに参加できることや、一つのステージの還元上限が3万ポイントと高額なことから、最大3万ポイントを獲得するために15万円まで買い物ができる。ちなみにキャンペーン期間トータルの還元上限は7万ポイントのため、総額35万円の買い物ができる。

 そのため高額商品を購入するチャンスと、au PAYの対象ショップの中でも家電量販店に顧客が殺到したのだ。au PAYを扱う家電量販店はビックカメラやソフマップ、コジマ、ケーズデンキ、エディオン、100満ボルト、ヤマダ電機、ベスト電器、マツヤデンキ、ツクモ、ノジマ、ベイシア電器、ドスパラ、ゲオ、ゲオモバイルなどだ。

 対象となる家電量販店では毎週月曜日からの数日間は、今回の「BCNランキング」データが示したような動きになることが予想される。(BCN・細田 立圭志)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからPOSデータを通じてスマートフォンやデジタルカメラ、4Kテレビなどの販売台数・金額データを毎日収集・集計しているデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。