Zaimは1月23日、800万ダウンロードを超える国内最大級の家計簿サービス「Zaim」に集まる購買ビッグデータを、「商品・場所・購買属性」の3方向から統計分析できる「Zaim トレンド」のベータ版を公開した。まずは、法人を対象に無料トライアルを提供し、本格サービス開始を目指す。

課題の抽出から集計、仮説検証を支援する

 Zaim利用者の購買データを元に、国内における商品・店舗の売れ行きが分析できるマーケティングツール。ある商品から他の商品への購買の変化が、どんな属性の人・どんな店舗から発生しているのかという分析(ブランドスイッチ分析)をウェブ上で完結できる。

 自社・他社のマーケット状況を比較することで、課題の抽出から集計、仮説検証を支援する。なお、購買ビッグデータは、Zaimの利用規約に基づき、匿名化した統計情報のみを利用している。
 

 Zaim トレンドのベータ版無料トライアルは、オンラインで簡単に申し込み可能で、担当者から詳細を連絡する。