三井住友カードは、20~60代の男女を対象に実施した決済方法に関するアンケート調査「現金VSキャッシュレスについてのアンケート」の結果を、1月28日に同社のメディア「ヒトトキ」で公開した。

キャッシュレス派が最も多く利用する支払い手段はクレジットカードが最多

 「現金VSキャッシュレスについてのアンケート」は、20~60代の男女500人(キャッシュレス派が250人、現金派が250人)を対象に、2019年11月28日~29日の期間に実施している。キャッシュレス派が日頃の買い物でキャッシュレスによる支払い回数が最も多い人、現金派は現金での支払い回数が最も多い人を指す。

 キャッシュレス派の人に、支払い手段を尋ねたところ、「クレジットカード」(56.4%)が最も多く、次いで「電子マネー」(18.4%)、「QRコード」(14.8%)が続いた。
 
キャッシュレスを選ぶ理由は「スピーディー」、現金を選ぶ理由は「収支の把握」

 決済方法の選択基準については、現金派が「収支が把握しやすい」(62.0%)が最多で、「慣れている」(50.4%)、「使いすぎない」(47.6%)が続く。キャッシュレス派は、「スピーディーになる」(61.2%)が最も多く、ポイントや割引など「お得だから」(51.2%)を上回った。
 
キャッシュレス派の方がレシートを家計管理に活用している人が多い

 「レシートを家計管理に活用しているか」を尋ねた質問では、キャッシュレス派の70.4%が「活用している」と回答し、現金派の58.4%よりも多い。

 キャッシュレス派に「キャッシュレス決済が増えて家計管理にどのような変化があったか」を尋ねた質問では、「ポイントが貯まり使える金額が増えた」(45.6%)、「収支が把握しやすくなった」(24.8%)といった、ポジティブな意見が上位を占めた。
 
既婚男女ではキャッシュレス派の方が家計管理に関与している割合が高い

 調査対象者のうち、既婚の男女252人を対象にした調査では、「家計管理に関与している」と答えたのが、キャッシュレス派で78.6%で、現金派(62.7%)よりも15%以上多かった。
 
キャッシュレス派でも90%以上はお小遣いを現金で受け取っている

 同じく既婚男女252人に、「あなたはお小遣い制ですか」を尋ねたところ、「お小遣い制」は32.5%と少数で、そのうち4割を占めるキャッシュレス派の90%以上が、現金でお小遣いを受け取っている。

 キャッシュレス派に、現金からキャッシュレスへ移行した理由を尋ねた質問では、「ポイントが貯まるから」(79.2%)が圧倒的に多く、「消費者還元事業がはじまったから」(30.8%)、「現金を持ちたくなかったから」(23.6%)と続く。

 現金派に、今後キャッシュレス決済を増やしていきたいかを尋ねたところ、「増やしたい」が46.0%で、「増やしたくない」と答えた人の68.2%も「今後きっかけがあればキャッシュレス決済も検討」と回答した。
 
現金派がキャッシュレス派へ転向するには

 現金派に、どのような状況になったらキャッシュレス決済が増えるかを尋ねた質問では、「ATM手数料が500円など高額になる」(52.2%)、「所得税が一定額免除される」(39.1%)、「支払時に消費税とは別に現金税が徴収される」(35.9%)、「どこでもキャッシュレス決済ができる」(28.3%)が上位となっている。