アイ・ティ・アール(ITR)は、国内ビジネス分野で実用化が進んでいるAI主要6市場(画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索、翻訳)の市場規模推移と予測を発表した。

AI主要6市場規模推移および予測(2017~2023年度)

 18年度におけるAI主要6市場の売上金額は199億5000万円(前年度比53.5%増)と大幅な伸びとなった。技術的な進歩に加え、各種製品・サービスと組み合わせたソリューションの拡大によって、活用用途の多様化が進みつつあることが成長の背景となっている。

 AI主要6市場の中で、18年度に最も高い伸びを示したのが画像認識市場。画像認識は、工場などで行っている製品の外観検査や作業員の安全管理業務で導入が進んできたが、現在、道路や橋などの社会インフラ、各種建造物の保全業務での利用も急速に進みつつある。

 また、顔認証や車両の自動運転など、活用シーンの多様化によって今後も継続的な導入拡大が見込まれる。画像認識に次いで高い伸び率を示しているのが言語解析で、現状コールセンターでの活用を中心に導入が進んでおり、今後幅広い分野に拡大すると予想している。

 AI主要6市場は、今後も継続的な伸びが見込まれることから、CAGR(18~23年度)に26.5%、23年度に640億円まで達すると予測している。

 ITRの舘野真人・取締役/シニア・アナリストは、「機械学習、とりわけディープラーニングの進化、カメラやドローンといった周辺機器の充実などに伴い、人間の目の役割を担う画像認識技術の実用化がさまざまな産業に拡大している。中でも、これまで目視で行ってきたインフラや設備の点検作業への活用が大きく進んでいる。また、自然言語処理を中核とする言語解析技術も、コンタクトセンターで顧客の声の分析や、契約書などの文書管理など、実務への適用が進んでおり、市場の伸びを支えている」とコメントしている。