ビックカメラは、JR千葉駅東口に「ビックカメラ 千葉店(仮称)」をオープンすると発表した。開店予定は2022年11月。建築中の千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業施設建築物の1階~9階に入り、店舗面積は約1万2600平方メートルの大型店舗になる。

2022年11月にJR千葉駅東口にオープン予定の「ビックカメラ 千葉店(仮称)」

 千葉駅は、政令指定都市の千葉市の中心駅で、JR東日本の総武本線や外房線、千葉都市モノレールが乗り入れ、京成千葉駅とも隣接している。同駅の一日あたりの乗降者数は20万人以上。ビックカメラの新店は千葉駅東口の正面に位置するため、人の流れをつかめれば、店内は活気を帯びることになりそうだ。

 ビックカメラにとって千葉市に初出店となる千葉店(仮称)は、ほぼ3年後の開店に向け認知向上に取り組みつつ、地域のニーズを店づくりに反映するという。近くには「ヨドバシカメラ 千葉店」もあり、激しい競争が起きる可能性がある。どのような戦略を展開するのかが、カギになりそうだ。なお、店舗の詳細については、改めて告知するとしている。