キャッシュレス決済の中でも、圧倒的な知名度を獲得しているクレジットカードとマイナーなデビットカード。「どこが違うの?」と疑問に思う人もいるはず。実際、クレジットカードとデビットカードには大きな違いが存在し、重要なのにあまり知られていない場合もある。そこで、違いを徹底解説する。最終的にどちらのカードがおすすめかも紹介するので、参考にしてほしい。

デビットカードは銀行口座から即時引き落とし。
対してクレジットカードは、指定の銀行口座から後日引き落とされる

支払方法が違う

 クレジットカードとデビットカードで最も注意すべき違いは、「支払方法」だ。クレジットカードの場合、カード利用金額の引き落としは後日行われる。一方、デビットカードは即時引き落としとなる。

 例えば、銀行口座に10万円の残高があるケースを想定する。クレジットカードを利用する場合、10万円を超える買い物をしても、引き落としは後日なので、それまでに追加で入金して用意すればいい。しかし、デビットカードの場合、10万円以内の商品しか購入できない。

 つまり、デビットカードでは残高以上の買い物ができないということ。クレジットカードのように、「今月こんなに使ったっけ?」となる事態には絶対にならないので、無駄遣いしにくいといえる。

審査の有無が違う

 クレジットカードを発行する場合、カード会社の審査が必要となる。デビットカードは厳しい審査が存在せず、年齢制限・口座開設をクリアすれば利用が可能だ。
 
デビットカードの手続きは簡単

 そもそもクレジットカード会社が審査を設けているのは、返済能力をチェックするという目的がある。デビットカードは利用した分の金額を即時引き落とされるので、返済が遅れるということがない。だから審査なしで発行できるのだ。

ポイント制度が違う

 クレジットカードを発行するメリットの一つとして、利用した分に応じてポイントが還元されるということが挙げられる。デビットカードには、ポイント還元が存在しないケースが多く、クレジットカードのような還元が期待できない。

 例えばポイント還元率1%のクレジットカードと、ポイント制度なしのデビットカードを比較してみよう。毎月5万円を使った場合、クレジットカードだと500ポイントが還元される。デビットカードは、ポイントがたまらない。年単位で比較すると、6000ポイントの差が出る。カードを利用して、なおかつポイントもためたいのであれば、クレジットカードがおすすめだ。
 
1~3%とポイント還元率が高い楽天カード

ポイント還元で得したいならクレジット、使い過ぎが心配ならデビット

 「キャッシュレス・ポイント還元事業」でポイント還元率が高くなっていることを踏まえると、デビットカードにもメリットはあるものの、クレジットカードの方がお得感を得られるだろう。どちらか一方のみなら、個人的にはクレジットカードを持っていた方が無難と考えている。(フリーライター・平本 良太)