• ホーム
  • 業界動向
  • 楽天、電力を100%再生可能エネルギーに置き換え、2025年までに

楽天、電力を100%再生可能エネルギーに置き換え、2025年までに

経営戦略

2019/12/18 18:00

 楽天は、国際イニシアチブ「RE100」に加盟し、25年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す。

RE100のロゴマーク

 楽天グループは、エネルギーサービス「楽天エナジー」の取り組みとして、ブロックチェーン技術を活用した環境価値「J-クレジット」の取引システムの提供、「楽天市場」の出店店舗や「楽天トラベル」の加盟宿泊施設などの電力を実質再生可能エネルギー100%にすることをサポートする「Project R100」の実施、楽天グループが関わるスポーツの試合でのCO2オフセットなどを行い、再生可能エネルギーの導入と利用を推進してきた。

 今後は、楽天本社をはじめ、データセンターや物流センターなどの拠点で、楽天が事業活動で使用している電力を25年までに100%再生可能エネルギーにするため、楽天エナジーをはじめとする社内外のステークホルダーと連携し、RE100達成に向けた取り組みを推進していく方針。

オススメの記事