• ホーム
  • トレンド
  • 月額1万1000円で「LG styler」がレンタル可能に、サブスクサービスと連携

月額1万1000円で「LG styler」がレンタル可能に、サブスクサービスと連携

販売戦略

2019/12/17 18:00

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、家電製品の提供でサブスクリプションサービスと連携した。まずは、家電のレンタルサービス「Rentio」を手がけるレンティオで、スチームウォッシュ&ドライ「LG styler」の取り扱いを12月16日に開始した。

LG styler

 LG stylerは、衣類や小物についた臭いやしわ、ほこり、花粉、ダニなどを自宅で簡単にケアできる衣類リフレッシュ機。水を加熱して発生したスチームを、独自の「TrueSteamテクノロジー」によって循環させ、庫内を一定の温度に保ち、ニオイ成分の粒子を取り除く。さらに、ハンガーラックの振動とともに、衣類についたほこりや花粉などをふるい落とし、しわを伸ばす。

 庫内に入れてタッチパネルを操作するだけで、日常的に着るスーツや制服、コートなどの洗濯できない衣類をケアすることができ、花粉が99.5%除去、ダニが99.99%の死ダニ率、大腸菌やブドウ球菌などの雑菌も99.99%除菌、さらに、A型インフルエンザやPM2.5などに効果があるという。

 今回のサブスクリプションサービスでは、月額1万1000円(最低契約期間3カ月)の支払いで、新品のLG stylerが使用できる。3カ月以降、いつでも往復の送料と、引き取り手数料が無料で返却が可能。商品を気に入った際は、12カ月継続すると所有権がユーザーに移転し、そのまま自身のものとして使用することができる。

 また、より手軽に試せるように、30泊31日から必要な時に必要な間だけ1日単位でレンタルできるプランも用意している。なお、Rentioでは、LG stylerが初の大物家電の取り扱いとなり、これまでは購入前に試すという概念がなかった大物家電も気軽に購入前に試すことが可能となる。

オススメの記事