NTTドコモは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「d払い」を拡充し、街中の店舗で支払う際、電子マネー「iD」による「かざす」決済を11月19日から追加する。

dカード miniの「d払い」への統合に伴う変更点

 既存のドコモ契約者向け決済サービス「dカード mini」をd払いに統合し、ドコモの「おサイフケータイ」対応Androidスマートフォンの利用者は、決済端末に端末をかざして決済が可能になる。さらに、第二段階として、契約キャリアを問わず、d払いのウォレット残高で「かざす」だけのiD決済を可能にする予定。

 利用にあたっては、別途、d払いアプリまたはiDアプリからの申込・設定、アプリの更新が必要。すでに、dカード miniを利用している場合は変更手続きを行うことなく、「d払い(iD)」として引き続き利用できる。
 
ドコモが提供する決済サービス(11月19日以降)

 さらに、iOS向けにも同様の「d払い(iD)」を提供し、d払いはバーコードやQRコードを「見せる」「読み取る」、端末を「かざす」の3通りから、利用する機種やシーンにあわせて選べる、利便性の高い決済サービスへと強化する。