スマートフォン決済サービスを提供するPayPayは、福岡ソフトバンクホークスが管理する「福岡ドーム」のネーミング・ライツ(命名権)を取得し、来シーズンから、球場名を「福岡PayPayドーム(PayPayドーム)」に変更すると発表した。

現「福岡 ヤフオク!ドーム」の呼称が来シーズンから「福岡PayPayドーム」になる

 福岡ドームは、2005年にヤフーが命名権を取得して「福岡 Yahoo! JAPANドーム」に、13年から「福岡 ヤフオク!ドーム」(ヤフオクドーム)という名称で運営していた。福岡PayPayドームになるのは20年から。ロゴや詳細については、11月24日に発表する。