9月16日からTOHOシネマズ公式アプリで、毎月第3木曜日の上映作品の映画鑑賞チケットを購入し、LINE Payが運営するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で支払うと、1会計当たり6枚まで、1200円に割り引くキャンペーン「LINE Pay シネマデイ」がスタートした。期間は2020年8月20日まで。

LINE Payで支払うとトクする「LINE Pay シネマデイ」

通常より映画観賞券が700円引き

 通常の鑑賞料金は、一般1900円、大学・専門学校生1500円のため、一般だと700円も安い。TOHOシネマズが運営するインターネットチケット「vit」で購入し、LINE Payで支払った場合も同様に割り引く。他の割引やサービスデイとの併用は不可。なお、券種で「LINE Payシネマデイ」を選択しなかった場合や、LINE Pay カードでの支払いは、キャンペーン対象外となる。
 
支払い方法に9月16日から「LINE Pay」が加わった(画面はPCサイト)

 vitは、9月19日からLINE Payを導入しており、支払い方法でLINE Payを選ぶと、LINE Payのアプリが立ち上がり、誰でも簡単にスマートフォンで座席チケットが購入できる。購入期間は、鑑賞希望日の2日前の0時から上映時間の20分前まで。一部作品を除く、シネマイレージ会員は3日前21時から購入可能。

 「ムビチケ」は、今夏から、楽天ペイ、d払い、Tポイントなどから交換できる「映画GIFT」に対応するなど、チケット販売サイトの決済方法の多様化が進んでいる。ためたポイントが使えるチケット販売サイトは、「ポイ活」を始めるきっかけにもなっているという。