全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、9月の完全ワイヤレスイヤホンの販売台数は前年同月比で193.2%と伸長した。AirPodsが圧倒的人気を誇るアップルは146.1%、2位のソニーは428.7%を記録した。


 9月各週のメーカー別販売台数シェアでは、アップルが右肩上がりにシェアを伸ばし、最終週で44.0%と過半数に迫った。月間の販売台数シェアランキングでは、アップルのAirPods with Charging Case(第2世代)が32.7%をマーク。前月から、さらにシェアを伸ばした。

 2位は、ソニー「WF-1000XM3」がランクイン。3位がAirPods第2世代のワイヤレス充電ケース付属モデル、4位がバリュートレードの「AVIOT TE-D01g」、5位がビーツの「Powerbeats Pro Totally Wireless」だった。9月は、秋以降発売の完全ワイヤレスイヤホンの注目モデルが多数発表されており、販売台数シェアランキングにどう絡んでくるのか、注目したい。(BCN・大蔵 大輔)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。