ジェーシービー(JCB)は、10月1日の消費増税と国の補助金事業「キャッシュレス・消費者還元事業」にあわせて、全国複数エリアで「#JCB みんなのキャッシュレス」プロジェクトを開始する。キャッシュレス決済のお得さや利便性を体験できるイベントで、東京・新橋を皮切りに、全国複数エリアで展開する。

JCBが増税にあわせて実施するキャッシュレス決済キャンペーン
「#JCB みんなのキャッシュレス」

 同イベントは、クレジットカードやスマートフォン(スマホ)など、キャッシュレス決済の普及促進を図るもの。イベントを通じて、キャッシュレス決済を使うメリットや安全性を訴求する。全国各地の商店街や横丁、飲食店などを巡回し、キャッシュレス決済でしか食べることができない限定メニューや割引サービス、抽選キャンペーンなどを用意している。
 
店頭には「#JCB みんなのキャッシュレス」
キャンペーンを実施していることを示すポスターを掲示している

 第1弾は、東京・新橋のガード下横丁で10月1日からスタート。期間は7日まで。JCBのキャッシュレス決済利用者なら対象のドリンクが約半額お得な「JCBキャッシュレスハッピーアワー」や、JCB以外のサービスも含めたキャッシュレス決済ユーザーが対象の「キャッシュレス限定メニュー」などを実施する。

 対象店舗は、魚河岸鮮魚酒場鮨、鉄板焼き屋台テッちゃん、おばんざい家 新橋、串カツ勝、小澤牧場牛、九州づくし都久志屋、炉端貝、成吉思汗ラムバカ、新橋ちょい呑み餃子の9店舗。営業時間は15時~翌朝5時まで。限定メニューには、「ウニとイクラの限界キャッシュレス盛り寿司」(税別1200円)やジンギスカン食べ放題「キャッシュレスで、無限ジンギスカン」(税別899円)などがある。
 
キャッシュレス限定メニューの「ウニとイクラの限界キャッシュレス盛り寿司」

 JCBの岩井克実取締役兼常務執行役員は、「増税にあわせて、キャッシュレス・消費者還元事業が始まる。これでキャッシュレスの利用が拡大すると思う。当社としても貢献していきたい」と意気込みを語り、「金額に関わらず、気軽にキャッシュレス決済を使っていただける機会を提供していく。便利で、お得で、安全、安心なキャッシュレス決済を体験していただきたい」と、イベントの狙いを説明した。
 
JCBの岩井克実取締役兼常務執行役員

 10月1日に開催された発表会には、タレントの「スピードワゴン」さんと「りんごちゃん」が登壇。「#JCB みんなのキャッシュレス」の開始を宣言した。その後、イベント限定メニューを試食。顧客が「ストップ」と言うまで盛り付けをやめない山盛りのイクラやローストビーフに舌鼓を打った。
 
JCBのポーズで開始を宣言する
りんごちゃんとスピードワゴンさん(右二人)

 会計時に初めてQUICPayを利用したりんごちゃんは、「スマホ決済の便利さに初めて気が付いた。思ったより手軽」と感動。スピードワゴンの2人は、「パッと会計で来てスムーズ」と感想を述べた。

 今後は、10月24~27日の期間に札幌 場外市場で、10月31日~11月3日に名古屋の金シャチ横丁で、11月12~13日に広島の横川商店街で「#JCB みんなのキャッシュレス」を実施する。