PayPayでタクシー半額! 期間限定で1日1回利用可能

 DiDiモビリティジャパンは9月25日、サービス開始1周年記念キャンペーンとして「PayPayならDiDiのタクシーが半額で乗れちゃうキャンペーン!」を実施する。期間は、9月27日~10月13日。

DiDiモビリティジャパンPayPayと共同で9月27日から開始する
「PayPayならDiDiのタクシーが半額で乗れちゃうキャンペーン!」

 DiDiのアプリ上でクーポンコード「PAYPAY」を入力し、支払い時にスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」残高での支払いを選択すると、タクシー代が半額になる。利用回数は1日1回で、割引上限は2000円としている。
 
クーポンコードを入力することで割引が適用される

 なお、いくつか注意点がある。まず、キャンペーン期間中であっても割引額が合計2億円に達した場合は、10月31日を待たずにキャンペーンを終了する。また、車内決済でのPayPay支払いや、車種選択機能を利用する場合は対象外になる。

 ほかのクーポンとの併用は不可。複数クーポンを持っている場合は、最もお得なクーポンが適用される。タクシー会社により、迎車料金がかかる場合がある。

 DiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長は、「2018年9月27日に大阪でサービスを開始して、1年が経とうとしている。現在、12都道府県でサービスを展開している。10月9日には新潟で開始し、19年中に20都市に拡大する予定だ。昨年10月ごろは全く知らない人が多かったが、最近は口コミなどで認知が広がってきている。配車アプリNo.1を目指していく」と展望した。
 
DiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長

 PayPayの馬場一取締役副社長執行役委員COOは、「10月5日にサービス開始1年を迎えるにあたって、ユーザー数が1250万人、加盟店申し込み数が140万カ所、決済回数が1.4億回となった。加盟店からの問い合わせが増えている。スマホでタクシーを呼ぶところから決済まで完結したら便利だと思う」とコメントした。
 
PayPayの馬場一副社長執行役委員COO

PayPayのスーパーアプリ化計画

 あわせて、馬場副社長はPayPayのスーパーアプリ化計画を発表した。
 
 
PayPayのスーパーアプリ化計画

 オフラインの決済だけでなく、新幹線やホテルの予約など、複数のサービスをアプリ内サービス「ミニアプリ」としてPayPayアプリに搭載していく構想だ。その第1弾として、近日中にPayPayアプリ内でDiDiサービスが使えるようにするという。

オススメの記事