NTTドコモは、2019年10月1日から新たに「dカードお支払割」を提供する。同時に、2年間の定期契約あり・なしによる月額料金の差を1500円から170円に圧縮し、定期契約の解約金を従来の9500円から1000円に値下げする。

 dカードお支払割は、6月1日に提供を開始したドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を、契約解除料がかからない「定期契約なし」で契約しても、ドコモの利用料金の支払い方法をドコモのクレジットカード「dカード/dカード GOLD」(家族カード含む)に設定すると、毎月、170円割り引くサービス。解約金不要で、2年定期契約の場合と同じ月額料金で利用できる。

 ただし、現在、定期契約期間中のユーザーは、次回の更新月を迎えるまでに解約すると、従来の変更前プランの解約金が発生する。ゴールドカードのdカード GOLDは従来通り有料だが、dカードは年会費を永年無料化し、新規カード会員獲得につなげる。
 
ドコモのクレジットカード「dカード」

 また、dカードお支払割の適用者を対象に、エントリーの上、dカード/dカード GOLDのクレジットカード決済で支払うと、通常付与するdポイントに加え、決済金額の4%分をdポイント(期間・用途限定)で還元する「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」を10月1日から20年3月31日まで実施する。
 
dカードお支払割 5%還元キャンペーンを半年間にわたって実施

 キャンペーン名の「5%」は通常付与分との合計。4%還元のキャンペーンポイントの付与上限は1カ月当たり2000ポイント。ドコモの携帯電話料金、「ドコモ光」の利用金額、iD決済、dカードminiでの決済は対象外。キャンペーンのエントリーは、特設サイトで10月1日10時から受け付ける。