PayPayは9月6日、10月1日の消費増税に合わせて政府が開始する「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元される5%のポイントに、さらに独自に最大5%を上乗せして還元するキャンペーン「まちかどペイペイ」を開始すると発表した。消費者にとっては、政府の還元事業とPayPayの両方に対応する店舗で、PayPayで支払えば最大10%のPayPayボーナスが還元される。

最大10%のPayPayボーナスが還元される「まちかどペイペイ」

 まず「まちかどペイペイ 第1弾」を、10月1日午前0時~11月30日午後11時59分の2カ月にわたって実施。還元事業の対象店のうち5%還元対象店でPayPayを使って支払うと、最大5%のPayPayボーナスが上乗せされる。なお、コンビニエンスストアなど2%還元対象店舗はキャンペーンの対象外だ。
 
政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店
 
2%還元対象店はキャンペーンの対象外

 PayPayボーナスの付与は、決済日の翌月20日前後。付与上限は、還元事業とまちかどペイペイで異なる。還元事業による還元のPayPayボーナスの付与上限は、1回当たり50万円の決済で2万5000円相当まで。1カ月当たりの付与合計上限も50万円の決済で2万5000円相当まで。まちかどペイペイの付与上限は、1回当たり2万円の決済で1000円相当まで、1カ月当たり50万円の決済で2万5000円相当まで。
 

四つのミッション達成すると500円相当還元

 10月1~31日の1カ月間は、(1)PayPay残高へのチャージ、(2)オンラインでのPayPay決済、(3)実店舗でのPayPay決済、(4)PayPay残高を送る機能の利用、という四つのミッションを全て達成すると、500円相当のPayPayボーナスが付与される。

 合わせて10月1日から、PayPayの利用特典と抽選企画「PayPayチャンス」の内容を変更。現在、支払い方法に応じて最大3%のPayPayボーナスを付与している利用特典は、10月1日から最大1.5%に減る。

 さらに、現在の20回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが当たる「PayPayチャンス」は、10月1日から当選確率と当選金額がともに下がる。25回に1回の確率で最大100円相当、100回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが当たるように変更される。

 PayPay利用特典が3%から1.5%に減ったことで、今回のまちかどペイペイで最大10%還元されるケースは、中小・小規模事業者が経営する店舗(5%対象店)でPayPay残高やヤフーカードで支払った場合だけとなる。
 

 ヤフーカード以外のクレジットカードで支払った場合は、まちかどペイペイやPayPay利用特典の対象外となり、還元事業による5%だけが還元される。

 ちなみに、コンビニなど還元事業の2%対象店では、PayPay残高やヤフーカードで支払うと、まちかどペイペイは対象外となり、還元事業の2%とPayPay利用特典の1.5%を合算した3.5%となる。ヤフーカード以外のクレジットカードで支払った場合は、還元事業の2%だけが還元される。

 まちかどペイペイの「第2弾」は内容が決まった段階で知らせるとのことで、12月1日以降の実施も予定されているようだ。

【訂正】下から2番目の表について、PayPayより9月11日に訂正リリースが発表されたので差し替えます。
本文に訂正はありません。