1年を通してさまざまなフレーバーの本格的なサードウェーブコーヒーを味わえる完全キャッシュレスカフェ「KITASANDO COFFEE」1号店が東京・渋谷区にオープンした。

KITASANDO COFFEE

 メルカリの執行役員やメルペイの取締役CPO(最高プロダクト責任者)を歴任した松本龍祐氏が立ち上げた新会社カンカクが運営する、レジのないキャッシュレスのコーヒースタンド。近日リリース予定のスマートフォンアプリ「KITASANDO COFFEE」を使って事前注文・決済しておけば、来店後すぐに商品を受け取ることができる。

 メニューは、バリスタが丁寧に抽出したエスプレッソドリンク、ユニークなフレーバーのシングルオリジンコーヒーなどのドリンクメニューと、トルティーヤとセットでボリュームたっぷりな色鮮やかなサラダ。現在は、モバイルオーダーアプリ「O:der(オーダー)」から事前注文でき、フードデリバリーサービス「UberEats」でも提供している。
 
専用モバイルアプリの主な機能

 支払い方法は「メルペイ」をはじめとするスマートフォン決済サービス、クレジット/デビットカード、各種電子マネーのみ。なお、専用アプリから会員登録を行うと、1000円分のクーポンをプレゼントする。

 所在地は東京都渋谷区千駄ケ谷4-12-8 SSUビル 1F、アクセスは、東京メトロ副都心線・北参道駅から徒歩3分。営業時間は8時~20時(月~土)。今後、個人向けのサブスクリプション機能や、法人向けの会員制度の導入も検討している。