みずほ銀行は7月13~16日午前8時まで、ATMなどのオンラインサービスを臨時休止する。同期間は、PayPay、LINE Pay、メルペイがセブン-イレブンで最大20%還元キャンペーンを実施している期間でもある。みずほ銀行ユーザーが連休中に同キャンペーンを活用する場合は、今のうちにチャージしておく必要がある。

みずほ銀行のオンラインサービス休止中はスマートフォン決済へのチャージもできなくなる

 みずほ銀行のオンラインサービスの臨時休止は、サービス強化に向けた新システムへの移行によるもの。今回で9回目となり、最後の臨時休止期間になる。期間中は、みずほ銀行以外の金融機関やコンビニエンスストアを含む全てのATMでみずほ銀行のキャッシュカードが利用できない。

 PayPay、LINE Pay、メルペイがセブン-イレブンで実施している「最大20%戻ってくる!キャンペーン」の期間は、7月11~21日の10日間。還元上限金額は、各サービスで1000円相当、合計で最大3000円相当が戻ってくる。対象になる支払い方法は、各社独自の残高によるコード払い。メルペイはiD決済も含まれる。
 
7月11~21日の期間、PayPay、LINE Pay、メルペイがセブン-イレブンで
「最大20%戻ってくる!キャンペーン」を実施する

 3連休中は外出先などでキャンペーンを活用する絶好のチャンスだが、みずほ銀行と連携している場合、オンラインサービスの臨時休止中はみずほ銀行からチャージすることができないので注意が必要だ。連休中の買い物を見越して、今日はいつもより多くチャージしておくといいだろう。(BCN・南雲 亮平)