アンカー・ジャパンは7月8日、同社製USB急速充電器の電解コンデンサーが液漏れ・発煙したとしてリコールを発表した。対象機種は、2019年4月23日から販売していた「Anker PowerPort Atom PD 4」(型番:A2041121)。

リコールを発表したAnkerの「Anker PowerPort Atom PD 4」(型番:A2041121)

 製造工程で発生した初期ロット内の40個の不良品を正常品と混在して出荷していた。19年6月7日にユーザーからカスタマーサポートに電解コンデンサーの液漏れと発煙が生じた旨の第一報が届き、同日、原因究明に向けて調査を開始。6月30日に原因が特定され、回収する決定に至った。

 原因は、製造時のはんだの接合工程で、通常よりも長い時間加熱された製品が40個発生して、出荷不可として廃棄処理される予定だったが、委託先の製造工場の管理体制の不備により正常品と混在してしまった。

 対象製品の製造と販売は中止している。電話はフリーダイヤル0120-253-004(平日の9~17時)。オンラインでは24時間受付で対応している。