楽天インサイトは、「キャッシュレス決済に関する調査」をインターネットで実施した。5月22日と5月23日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1000人を対象に行った。調査によれば、「キャッシュレス支持派」が4割半を超え、「現金支持派」を上回ったという。

キャッシュレス支持派か現金支持派か(n=1000:全員回答)単一選択(単位:%)

キャッシュレス支持派か現金支持派か(性年代別)(n=1000:全員回答)単一選択(単位:%)

 「キャッシュレス支持派か現金支持派か」を聞いたところ、「キャッシュレス支持派」との回答が46.6%、「現金支持派」が19.5%、「どちらでもない」が33.9%だったという。性年代別で見ると、キャッシュレス支持派が男性20代(59.3%)と男性30代(62.1%)が6割前後と高く、一方で女性20代(34.2%)と女性50代(33.7%)が3割半ばと低い傾向が見られたとのことだ。