メルカリは12月18日、英国の子会社Mercari Europe LtdとMerpay Ltdの解散と清算、それに伴う特別損失計上について発表した。

市場開拓に苦戦……わずか1年9か月で英国市場から撤退

 同社は2015年11月にMercari Europe Ltdを設立。メルカリのサービスを17年3月に開始した。それから1年半、日本や米国で培ったノウハウの移管と「Mercari」のマーケットプレイス拡大を推し進めてきたが、営業損失は18年6月期の単体決算で730万8000ポンド(約10億4000万円)まで拡大。市場開拓に苦戦し、事業撤退を余儀なくされた。メルカリは英国以外では米国で事業を展開しており、そちらの事業は今後も継続する。

 なお、子会社の解散により19年もしくは20年6月期の連結決算で2億円前後の拠点閉鎖に伴う諸費用などは発生する見込み。関係会社株式評価損は両社合わせて約14.4億円(Mercari Europe Ltdが約13.5億円、Merpay Ltdが約0.9億円)で、19年6月期以降に税務上許容され、法人税などが軽減される見通しだという。

 18年6月19日に東京証券取引所マザーズに上場したメルカリの株価は上場初日に公募価格の2倍の6000円まで上昇したが、それを最高値に下落。10月には公募価格だった3000円を割り、英国からの事業撤退を発表した12月18日には2097円と年初来安値を更新した。