NTTドコモは、10月31日に開催した2018年度第2四半期決算説明会で、中期経営戦略の骨子となる3つの取り組みの一つとして「お客さま還元の実施とお客さま接点の進化」を掲げ、現状より廉価な新料金プランを導入する計画を示唆した。

NTTドコモの最新契約状況(決算資料より)

 同日に公開した決算関連資料の「社長メッセージ」には、「料金プランが『複雑で分かりにくい』というお客様の声を真摯に受け止め、シンプルで分かりやすい料金プランに大胆な見直しを行います。さらに、この料金プランの導入にあわせて、2~4割程度ご利用料金を低廉化させ、1年あたり最大4000億円規模となるお客様還元を実行いたします。料金プランについては2019年度第1四半期の発表・提供開始を予定しております」と記載され、見直し時期まで明らかにした。大胆な見直しになるという。
 
 

 月々の利用料から毎月1500円割り引くサービス「docomo with」の対象端末拡大や、新料金プラン「ベーシックパック/ベーシックシェアパック」の導入は、契約者にとってオトクな「お客様還元」だと位置付けている。しかし、ここ数年、提供してきた新たな料金プランは、毎月のデータ利用量によっては従来プランより支払額が増えるケースもあるなど、値下げというよりも、ユーザー囲い込み策の側面鏡が強かった。導入予定の新しい料金プランこそ、一律基本料がオフなど、多くのユーザーが該当するような望ましいものになるのか、今後に注目だ。(BCN・嵯峨野 芙美)