ノジマは10月16日、2019年3月期第2四半期(4月~9月)の連結累計業績の上方修正を発表した。


 17年4月に買収したニフティとのシナジー効果が出始めたことや、夏場の猛暑によるエアコン販売が好調に推移した。子会社の不採算事業のリストラも想定以上に進んだことから、売上高と各利益が5月8日に発表した業績予想を上回る見通し。

 売上高は前回予想より32億円上回る2450億円(前年同期比4.6%増)、営業利益は19億円上回る92億円(同23.1%増)、経常利益は24億円上回る104億円(同30.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は12億円上回る72億円(同64.2%増)を予想する。なお通期の業績予想は精査中。