ヴァル研究所のシェアサイクルと公共交通を組み合わせた複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」が、ドコモ・バイクシェアの運営する東京都内10区のシェアサイクルに対応、都内を対象にした実証実験を7月31日に開始した。実証実験は9月30日まで。


 ドコモ・バイクシェアが運営する都内10区のシェアサイクルをmixwayに組み込むことで、都内の鉄道やバスなどの公共交通とドコモ・バイクシェアのサイクルシェアリングシステムを組み合わせた経路検索が可能となる。都内におけるサービスのニーズを調査することが実証実験の狙い。

 mixwayは、電車やバスなどの公共交通とシェアサイクルを組み合わせた「経路検索」や、リアルタイムなポートの空き状況などがわかる「リアルタイムポートマップ」が利用できるスマートフォン向けウェブサイト。ヴァル研究所では、2018年5月にベータ版を公開し、北海道札幌市でシェアサイクルを運営する認定NPO法人のポロクルとともに札幌市におけるサービスの実証実験を行っている。

 今後は、札幌市や都内以外でも、大阪市、横浜市、広島市などへの対応も検討している。