マーケティングリサーチ会社のマーシュは、全国の20代~60代男女のうち、自宅の掃除をメインで行っている方を対象とした「住環境と掃除に関するアンケート調査」を実施した。調査期間は6月15~21日。自社運営の「D STYLE WEB」のアンケートモニター会員が対象。

普段床の掃除用として所有し使用している掃除機の種類をお知らせください。(MA)n=723

 使用している掃除機のタイプを聞いたところ、「紙パック掃除機」が44.0%で最も多かったという。年代が高くなるほど所有率も高くなる傾向が見られ、とくに60代は男女ともに半数以上を占めているとのことだ。

 ただ、2012年5月に実施した調査内の同様の設問では「紙パック式掃除機」が60.4%、「ロボット掃除機」が1.8%という結果だったが、今回は「紙パック掃除機」が44.0%だったのに対して、「ロボット掃除機」(ゴミ吸引タイプとシートふき取りタイプいずれかを持っている人を合わせて)が7.6%だったという。紙パック掃除機が減少傾向で、ロボット掃除機が増加傾向にあるということだ。