サウンドファンは、日本郵政キャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施し、約2億円の資金調達を行った。これによって、日本郵政グループとの連携の検討するほか、音のバリアフリー実現を目指す「ミライスピーカー」の研究・開発・製造・販売を加速的に推進していく。

ミライスピーカー

 ミライスピーカーは、空気を押し出すコーン型スピーカーと異なって湾曲させた振動板全体から音が飛び出す構造によって、広い範囲に特殊なエネルギーのある音を生成できる。生成した音「曲面サウンド」は、聴こえの悩みをサポートするほか、従来のスピーカーと変わらない音質で広く遠くまではっきりと音声を届けることができる。聴こえやすい音のバリアフリー環境を実現できる、サウンドファンが独自に開発した世界初の特許技術。