新春早々、総務省が国内の通信事業者や電機・自動車メーカーと共同で日本語認識AI(人工知能)を開発するとの方針が報じられた。背景には、海外企業による家庭向け音声認識AIサービスの成功がある。