「爆買い」という言葉が一世を風靡した2015年から打って変わり、16年は訪日外国人(インバウンド)の需要は低調に推移した。家電量販店にも反動が直撃し、恩恵は長く続かなかった。