• ホーム
  • トレンド
  • 男性をターゲットにしたヤーマンのスカルプドライヤー、新規市場開拓に手応え

男性をターゲットにしたヤーマンのスカルプドライヤー、新規市場開拓に手応え

売るヒント

2016/12/09 10:12

 ヤーマンの「スカルプドライヤー HC-6T」は、振動ブラシと遠赤外線で頭皮をもみ流しつつ、じんわり温め、理想的な頭皮環境へ導くスカルプ(頭皮)ケア家電だ。


「スカルプドライヤー HC-6T」

 「これまで店頭での男性向けのドライヤーの展示は少なく、女性向けドライヤーと一緒に並べられていた」と、ヤーマン プロモーション企画室の川崎布美子氏は話す。

 スカルプケア用品として、スカルプシャンプーが注目を集めているが、「せっかく高額のシャンプーを使っていても、シャンプー後、髪や頭皮を濡れたままにしておくと頭皮が冷え、血行が悪くなったり、雑菌が繁殖して匂いやフケの原因になることも」と、川崎氏は説明する。そこで男性向けのドライヤーとして開発したのが「スカルプドライヤー HC-6T」だ。
 

川崎布美子氏

 「スカルプドライヤー HC-6T」は、髪や頭皮に負担の少ない60℃という低温風と遠赤外線で温め、髪を乾かす。また、遠赤外線の約42℃微風+振動ブラシでもみ流す「スカルプ HOT モード」で頭皮をマッサージし、涼感微風+振動ブラシの「スカルプ COOL モード」で育毛剤の浸透をサポートするなど、スカルプケアに効果的な機能を搭載する。

 発売したところ、「こんな商品がほしかった」「効果があった」と男性から歓びの声が口コミサイトなどで上がったという。その後、女性を意識したロゼを発売したが、現在もシャンパンブロンズモデルの6割が男性が購入しているという。
 

女性向けのロゼ

 他社でもスカルプケアに適した低温風のドライヤーが登場し始めた。ドライヤーを使う男性が増えることで、男性向けドライヤー売り場が拡大する日も遠くない。(BCN・山下彰子)

オススメの記事